桜まみれ。

ようやく来た桜の季節。だがそれもあっという間だった。
桜が満開となり、いよいよ散るのみ。これだけ気を持たせておいてあまりにも一瞬すぎ。
それが期間限定のプレミア感を醸し出させるのだろうなぁ。

しかし、散ってもそれなりに楽しませてくれてます。

  
まるで雪景色のように、桜で覆われた道。

  
車もまるで桜吹雪柄にペイントしたイタ車のよう。
実際に掃除する人は大変でしょうが、これも風流。

そして、こっちにも何かが散った跡が。

  
何かの木の花と思われる。
じっと見ていると…これが全部、芋虫だったら…と怖い想像をしてしまう。

こっちもある意味桜吹雪と同じ状態なのに、見た目の醜悪さで見向きもされない…社会の縮図だなぁ…。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック