次世代の雑誌。

自分は今日まで携帯電話という物を持った事が一度も無い。
それは仕事柄あまり外へ出ないので、持つ理由が無かった為だ。
それゆえ未だに携帯電話を課してもらっても使い方さえわからず、相手に驚かれる事がしばしば。
(I-Podは持っている。…しかしパネルの小さい古いヤツ…第2世代っての?)
そんな理由だから当然ノートPCも持っていない。外に出て何かを書くという事をした事が無い。

そんな自分でも、I-Padは気になる存在だ。
   
世間的にはI-Phoneのでっかい版とか言われているが、I-Phoneどころか携帯すら持っていない自分にとっては、携帯に取って代わる物ではない。
単なるノートPCレベルだったら別段欲しいとは思わなかっただろう。
やはりこれは次世代の雑誌の形だと思わせる可能性を感じさせる存在だからか。

KINDLEではまだ、これからの書籍、雑誌の形は見えなかった。
感覚的なものかもしれないけど、書籍としてはともかく、雑誌の様な見た目の華やかさを求める媒体にはモノクロのKINDLEでは無理があった。

でもI-Padにはその可能性を大いに感じた。まだまだ改良の余地は多いが(FLASH比対応やカメラ無し等)そう言う部分はバージョンアップ版が出る度に改良されて行く。そう言う意味では雑誌に取って代われる媒体の最初の一歩がようやく出て来たという感じ。
雑誌の世界に関わっている者として、この衝撃は決して小さくない。特にこの書籍冬の時代に打たれたクサビとしては、決して小さくはないI-Padの登場は、自分の活動にどんな変化をもたらすのか…とても楽しみなのである。

…まぁまずは外に出るようにしよう。

この記事へのコメント

  • 橋本裕之

    早速足跡残しに来ました!
    未だに携帯持って無いのは先生とタモリ位ですよ!(笑
    こっち落ち着いたら是非また呑みに行きましょう!!
    2010年02月09日 20:13
  • eve

    白地に黒文字が待っていると思いつつも、何気にチェックしにきたら・・・復活おめでとうございます!!

    早速(まぐれですが)、馳せ参じました!
    ブログ形式なのは、コメント残しやすくていいですね。

    ちなみに、私も携帯電話を持ってない一人です。(汗)

    新デジタルージュ頑張ってくださいデス。
    2010年02月14日 21:05

この記事へのトラックバック