降り掛かった恐怖…。

我が家には5匹程の猫がいる。
それだけの数いると、その分寝床や落ち着く場所もかなりの数ある。
猫に取ってはあらゆる場所がその対象になる。自分が座れるスペースさえあればどこだろうと落ち着ける。
特に高い場所…本棚の上やクローゼットの中、棚の上等はよく使われる。
必然的にそう言う場所にはクッションやベッドを置いてやり、快適に過ごせるようにしてやる。親心というものか。

昔からよく使っていた場所にクローゼットの上のクッションがある。もう数年くらい代わる代わる使用されている場所だ。だがここ最近はあれを使用している猫を見かけていなかった。
今朝一匹がその場所まで駆け上がり、その場所をひと嗅ぎし、そこに座らずその横に腰を下ろすのを下から見ていた。

…嫌な予感がした。

下からは上の様子が見えない。何気にそこに置いてあるクッションを引きずり下ろそうとした。

…次の瞬間…何かが落下して来た。

床に落ちるとまるで石の様な甲高い音が響いた。


床に転がった黒い石……。



否。



石ではない。



それは間違いなく、長い時間をかけて水分を完全蒸発させた……





○ンコだった。





しかも3粒。







…………一つ頭に当たった………。




……運が付いたと思っていいのだろうか……。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック