…視線を感じる。

  

下から末娘がじっと見つめていた…。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック