DEGITA ROUGE(デジタルージュ)

アクセスカウンタ

zoom RSS さんごの帰宅。

<<   作成日時 : 2015/10/30 19:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日、さんごの荼毘を済ませた。

  

これで骨壺が3つ。娘ばかりが先立って逝った。

1年のうちに3匹が立て続け…同じ頃に来た同い年なので

こうなる事も当然予想はしていたが…現実になれば辛い。


さんごは他の子とはちょっと違う甘え方の子だった。

二本足で立つのが得意で、突然ヒザに両手を乗っけて顔を出したり。

寝る時は必ずついて来て、枕の上で10分位だけ一緒に寝て、

気が済んだら自分の寝床へ帰っていく。

腰を掻くとついお尻が上がっちゃうのもさんごだけのクセ。

尻尾が太くて優雅にくねるので、握ると凄く気持ち良い。

  

斜めの場所に座るのが好きで、こんな感じで座ってていつの間にか寝てる。

肉球がアズキとピンクの混合で、まるで赤飯みたいだった。


どれも最後の頃は全く出来なくなって、まるで身を隠す様にドアの後ろの

箱の中で1日を過ごしていた。トイレと水を飲むためだけに出て来て、

それが済んだらそそくさと帰っていく。うまく動かなくなった足で。

自分の身の危険を感じていたのだろう。

2ヶ月程前からかなりの頻尿になり、色も無く臭いもほとんどしない尿だったので

その頃から腎臓はほとんど機能出来てなかったんだと思う。

目に言えて体調に変化が起きたのは2週間程前。

そこから一気に体調が悪化して、さんごは天に召された。


猫は痛みをギリギリまで我慢する生き物だと言う。

慢性の病気の子は慣れているので尚更なのだと。

だから気づいた時には既に手遅れの事も多い。

無論、気づいても治せない病もある。


3匹失っても、猫を100%幸せに生かしきるのは難しい。

改めてそう思った。

  

荼毘の日の今日は良く晴れていた。

くるみの時は小雨、こはくの時は薄曇り。

今日は青空に一筋の雲が直線を引いていった。

さんごはそんな秋の青空に吸い込まれていった。

  

最後は少し苦しそうだったけど、ようやく楽になれたね。

もうちょっと長く一緒にいたかったけど。

くるみから貰った1年の命、使い切ってくれてありがとう。

きょうが最後の帰宅。おかえり。


『保志総一朗&木村明広の レトゲDE ぱっぴーあっきー☆』
『エレメンタルドラグーン-2つの光-』ドラマCD製作プロジェクト クラウドファンディング展開中!公式HPは『ED2公式HP』
ご支援随時募集中!アドレスはhttps://fundiy.jp/project/eme_dra2です!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TweetsWind
さんごの帰宅。 DEGITA ROUGE(デジタルージュ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる